ETC取り付け前の確認ポイント

マツダ・AZワゴンへのETC取り付け前の確認ポイントについて紹介!

ETC(パナソニックCY-ET907D/KD)購入

四輪車ETCらくらく導入キャンペーンを利用して楽天市場で購入しました。

キャンペーン期間が終了してしまう!と少し急かされた感じでした。

がしかし平成19年度3月末日でこのキャンペーンは終了の予定でしたが、平成20年度・四輪車ETCらくらく導入キャンペーンとして7月31日まで好評につき継続されました。

※対象台数20万台まで。

ETCを安く取り付けられたので気にはなりませんが…。

ETC(パナソニックCY-ET907D/KD)取り付け

AZワゴンにアンテナ分離型のETCを取り付ける場合の事前確認のポイント。

ワゴンRでも同様かな…。

各ポイントを一つずつ確認してみました。

アンテナの取り付け位置

まずアンテナの取付位置を決めます。

アンテナ取り付け位置の候補としては

※オプションのETC車載器アンテナ取付ブラケット(オンダッシュ用)CA-FX906Dを使えばダッシュボードの上にアンテナを設置できます。

ダッシュボードの上はすっきりしていたほうが好みなので前者を選択!

フロントガラス上部、車検ステッカーの横に決めました。

ETC本体取り付け位置

まずETC本体の取付位置を決めます。

ETC本体の取付位置の候補としては

グローブボックス上の物置

ハンドル下のパネル?

くらいかなと思っていたのですが、同パネルに設置されている小物入れが気になりました。

小物入れ

防犯的なことを考えれば本体が隠れるグローブボックス内が有力だったのですが、気になる点が一つ!

それはカードの挿入や取り出し、ボタン操作がしずらいことです。

ETCカードを挿入してしまえば、あまり操作することもないのですが…。

ということで小物入れ内にETC本体を取り付けることにしました。

ただし小物入れなどに加工が必要になりそうです。

電源の取り出し方法

パナソニックCY-ET907D/KDの場合、バッテリー(常時電源)、アクセサリー(アクセサリー電源)の2つの電源を取り出す必要があります。

通常はオーディオの裏の配線かヒューズボックスを利用して電源を取り出すことが多いのですが、AZワゴン(MJ22S)の場合は、ヒューズBOXを利用するのが簡単そうなので、今回はヒューズBOXから電源を取り出すことにしました。

ということでヒューズボックス(取扱説明書)を確認!

取扱説明書

まずバッテリーですが、常時電源が供給されていそうなのは室内灯(インテリアライト)です。

15A(アンペアー)が使われています。

次にアクセサリーですが、アクセサリーソケットというヒューズがあります。

こちらも15A(アンペアー)です。

ということで、ETC取り付け前にエーモンのヒューズから電源を簡単に取り出せるヒューズ電源を入手!

アースの設置場所

ダッシュボード下を覗き込んでアースポイントを探索!

小物入れの加工も必要そうなので、パネルを取り外してみました。

爪で固定されているだけなので引っ張れば外れます。

小物入れ(パネル)取り外し

小物入れが付いているパネルを取り外すと

パネルを取り外したところ

アースを探しやすくなりました!

アースポイント1

アースポイント1を発見!

さらにヒューズBOX下のエンジンフードを開けるレバーの周辺パネルを取り外し!

場所は「小物入れが付いているパネルを取り外すと」下の画像を確認。

カバー

この部分はクリップ1個を取り外し、あとは爪で固定されているだけ。

※クリップは中央部を押しこむとロックが解除されます。

アースポイント2

アースポイント2を発見!

DIY<<ボディーコーティング│ETC取り付け前の確認ポイント|ETC車載器取付>>

AZワゴン.comホーム | ページの上へ